身近な人たちと行う心のこもったレストランウェディング

家族や親戚を呼ぶウェディング

結婚するというときにウェディングに誰を招待するかというのはかなり初期に考えなければならない大きな問題です。社会的立場を考えて二人それぞれの職場の上司や同期を呼び、今まで親しくしてくれた人たちや学校での恩師を呼んで盛大な披露宴を行うのも一つの形です。しかし、もっとプライベートな空間で静かに結婚師を挙げたいというカップルも増えてきており、家族や親戚、あるいは親友を呼んでのウェディングも流行してきています。

レストランウェディングで小規模な披露宴

家族等の近しい人達だけを集めてウェディングを執り行うという場合には披露宴会場もその規模に合わせて小さなところを選ぶ必要があります。伝統的に大宴会場を使うことが多かったことから結婚式場によっては適切な広さの会場が手配できない場合もあります。そういったときに注目するとよいのがレストランウェディングです。ホテルにあるレストランは適度な広さを持っていることが多く、貸切にすると小規模な披露宴会場としてちょうど良いことが多いのです。

メニューに心を込めたメッセージを

レストランウェディングが注目されるようになってからというものの、ホテルやレストラン側も結婚式に則したウェディングプランを提供するようになってきました。数十人規模の披露宴には適した会場となるレストランが多く、ただ貸切にするだけではなくカップルのためのオリジナル料理をシェフが振る舞ってくれるというサービスも実施されています。そのメニューもリクエスト可能であり、料理の一つ一つにメッセージを込めたコース料理とすることでレストランウェディングならではの演出を行うことができるのが魅力となっています。

銀座でウェディングを予定しているならば、誰もが納得できる挙式を実現できます。さまざまな挙式スタイルがそろっていますし、立地条件が良いからです。


ゲストに配慮した取り組みを!アイデアを活かして結婚式を盛り上げよう

席次表に工夫を取り入れるとゲストも有り難い

結婚式では同じテーブルに座る事になる人全員が、顔見知りになるという事は中々ありません。それどころか同じテーブルに座っている大半が知らない人という事も多いですから、席次表にゲストの方々の情報を細かく書いておく必要があります。新郎新婦とどういった関係だったか書く際に高校の先輩後輩といった情報だけでなく、部活で一緒だった仲間といった情報を書いておくと話題を広げやすいですね。ゲストの方々が周りの人と会話をしやすい環境を作る事も大切です。

お菓子などを配る際には地域の特産品を活用しよう

結婚式に出席してくださるゲストの方々に、式場の入り口で自由にお菓子を取ってもらえる様にしている方々も珍しくありません。お菓子が自由に取れるというだけでもゲストの方々は喜んでくれるものですけれども、どうせならば式場がある地域の特産品などを置く様にしてみましょう。結婚式には遠くの地域から参加してくださるゲストも中には居られますから、特産品のお菓子を気軽に頂けるというだけでも嬉しく思ってくれることでしょう。

結婚式を開くシーズンに合わせたイベントを用意

七夕やクリスマスの日に結婚式を開く事になった際には、その式に参加する事になった為に、季節の行事を開く時間的な余裕が無くなってしまうゲストも居られます。そういった方々に配慮をする事を目的として、結婚式の中で七夕やクリスマスのイベントを開くという方も居られるのです。そうするとゲストの方々も季節感を楽しませてもらえて、何て素晴らしい結婚式なのだろうと思ってもらえますよ。ただ季節の行事のイベントを開くだけではなくて、そのイベントに合ったお土産を用意しておくのもオススメです。

代官山の結婚式場で挙式をする予定ならば、ロマンティックな雰囲気の式場がたくさんありますし、便利な立地条件ですからおすすめです。