どうやって渡すの!?結婚式のお礼のマナー

結婚式のお礼やお返しは最低限のマナー

結婚式にはたくさんの人がゲストとして出席しますよね。その中には、司会や受付などで結婚式の手伝いをしてくれた人や、遠方からはるばるやってきてくれた人などもいたりします。そういう人には、しっかりと感謝の気持ちを示して、お礼やお返しをするのが大人としての最低限のマナーですね。司会や受付をやってくれた人には、当日にお礼のお金を包んでこっそり渡すか、または後日改めてそうした場を設けて感謝の意を表したりなどしておきたいところです。

お礼はどんな風に渡すべき?

結婚式のお礼を渡したいのはやまやまですが、式の当日は本人たちは何かと忙しいものですよね。新婦の方では衣装直しなどで時間を取られてしまいますし、新郎も打ち合わせなどやることが多くなかなかお礼を渡している暇がなかったりします。そんなときは、両親に協力してもらうというのがスマートなお礼のお金の包み方ですよ。渡すときも、あまり直接渡してしまうと角が立つものですから、目立たないようにこっそり渡すのがコツですね。

お礼を渡すときに気を付けるべきこと

結婚式でお礼を渡すときには、いくつか気を付けておくべきポイントがあります。まず、いつだれが渡すのかということを決めておくということです。結婚式当日というのは忙しいもので、渡す暇がなくて結局渡すことができなかったなんてことにもなりかねません。なのでまずは誰がいつ渡すのかを予めて決めておければ安心ですね。また両親に渡すのを頼む場合、人違いがあってはいけませんので、しっかりと顔写真などで本人を確認しておくべきでしょう。

お台場の結婚式場はインターネットや結婚情報誌を探すと見つかります。都心からもアクセスしやすく宿泊施設や観光スポットが多いのが特徴です。自分たちに合う式場の下見をして選ぶことが大切となります。


結婚式準備をする上で手配を忘れてしまいがちな二次会

結婚式準備だけで手一杯になる新郎新婦

結婚式を挙げようと決めると新郎新婦はその準備のために右往左往するようになります。週末の休みを使って式場選びをしたり、衣装選びをしたり、当日の段取りを考えたりと期待に胸を膨らませながらもとても忙しい日々を送らなければならなくなることも珍しくありません。その準備の際には結婚式とその披露宴についての準備に焦点が集まってしまいがちですが、結婚式には二次会がつきものであることも忘れてはならないことでしょう。

結婚式二次会の準備を忘れないように

新郎新婦は結婚式と披露宴の準備だけで手一杯になることが多いため、二次会に関しては友人や同僚等に幹事をお願いするということが多くなっています。そういった流れを知っている近しい友人がいれば自分から幹事に名乗りを上げてくれるでしょう。しかし、よほどの親友でなければそういった声をあげてくれることもあまりなく、つい忘れてしまいがちになるのが二次会の手配なのです。結婚式と同様に準備に時間のかかるものなので早めに幹事の依頼をするように心がけましょう。

結婚式二次会幹事代行業者の活用も考慮

友人に結婚式二次会の幹事を依頼することで新郎新婦にとって忘れられない二次会が開かれるようになることは疑いもないことでしょう。しかし、その準備や運営は大きな負担になることからなかなか依頼しにくいというのも事実です。最近では結婚式二次会の幹事を代行する業者もあることから二次会の実施については業者依頼をしてしまうのも一つの方法です。二次会でも催し物などについて友人に相談にのってもらえば良いだけになり、あまり負担をかけずに実施できる良い方法なのです。

神戸北野の結婚式場の場合、豊富な演出プランをはじめとした様々な魅力を持っているため、こだわりの結婚式を行いたい人に最適です。